俺が取るてっぺん

イケメンに弱い系女子。ハイカースト男子厨。

ハピアイとは出演者にストーリーのあるサーカスだった

この間サーカスを見る機会がありまして。そこで繰り広げられる様々なことに見覚えが・・・命綱のない手だけで自分を支えるフライング、みんなで揃えるドラムパフォーマンス、飛んだり跳ねたりするアクロバット・・・。

ん?これハピアイじゃないか???

そこでなんとなく納得したんですよね。今回結構お偉いさんとか家族連れみたいな人が多い席に座ることが多くてファンだけじゃない反応とかを見たときに純粋に

「すごーい!」って声や「うわあ・・・」っていう心から漏れた声みたいなのを皆さんが言ってて確かに今回のハピアイ、ファンじゃなくても息をのむパフォーマンスの連続だったと思うんですが、それはサーカス並のパフォーマンスを彼らがしていたからだと思いました。

普段ジャニーさんがよく言葉が伝わらなくても感動できるパフォーマンスをみせたいという発言をしていることを耳にしますがまさにその思いが全部詰まったものがこのアイランドシリーズ、ハピアイだったんだなと実感しました。

と、同時にすごくないですか???彼ら。別にもともと雑技団とかでもないし、そこだけを職業としてやってるわけではなく彼らはアイドルです。そんな彼らが素人目でみてもすごいと言わざるを得ないパフォーマンスの連続・・・。歌もダンスもパフォーマンスも全部全部彼らでやるんです。もちろん技1つ1つはサーカスをやってる人の方が技術も高いしもちろんミスなんてしません。けど私はハピアイでみた彼らのパフォーマンスが純粋に好きです。(ファンなんだから当たり前っていうのはあるけれど)

それはなんでかな、って思った時に彼らがここに到達するまでにどれだけ練習したのかを感じることができたり、フライングするときも一緒にする仲間との関係性を感じることができるからなんじゃないかなと思いました。

ガムシャラの時ドラムパフォーマンスがどれだけ大変だったかを映像でみたこともあるけれど、これを20人以上の大人数で揃える大変さ、もちろん全員がドラムが得意なわけじゃないけれど、そこに立ち続けるために一生懸命練習したであろうパフォーマンス。誰かが休んだ時にはもともと担当していなかった場所に突然参加し、そこで完璧にやり遂げる。誰かがミスしてもパフォーマンスを止めることなく全員で補う。

フライングも仲がいいって誰しもが知っている2人でフライングするので最初のじぐいわもお人形さんみたいで尊いしか言葉がでないし、多分「神宮寺~」って言いながら練習するじぐいわも目に浮かぶ。トラビスのフライングをするときも絶対とぶ瞬間しめちゃんと宮近目を合わしてにこって笑うんですよ。平野がフライングするときも機具を取り付けたあと背中をぽんぽんするとき絶対微笑みながら行って来いって顔を廉はするし、戻ってきたときに手を握る海ちゃんと平野は全開の笑顔。

そいういうJr.同士の関係性をもともと知っているからだとは思うけどほんとに1つ1つのパフォーマンスにストーリーがあるんですよ。ミスしたら変わりは沢山いる、少しでも自分たちのグループのパフォーマンスが良かったと思ってもらいたい、あそこの誰々がとかったよねと思ってほしいそういう野心みたいなのもみることができるのがJr.のパフォーマンスの良さだったりもするんですよね。

育っていってる姿を応援したい日本アイドルを好きな人は100%はまる魅力がつまりすぎているし、ジャニーズ興味ない人でも絶対に圧倒されるパフォーマンスのすごさも両方兼ね備えている完璧な舞台だったと思います。

 

ハピアイのパフォーマンスについては語りたりないので以下に書くんですけれど・・・

魅力①和のパフォーマンスと対決もの

全員色の違うはかまを着るキンプリとはいびーちゃん。とびながら太鼓をたたく姿の尊さ。緑の袴が信じられなくお似合いのゆうぴ(特定)。その後全ジャニオタが100%好きなパフォーマンス和の対決もの。青vs赤の衣装をまとったすのすとが本当に良い。語彙力失うぐらい良い。戦う和服に剣をもって笑顔のないパフォーマンスとこれ以上ない名曲を歌う最高のパフォーマンスでした。ついにきょもじぇとともにソロパートがあった北斗を観れたのはよかったし、渡辺がいわふかに負けない存在感をだしていたのもすごく印象的でした。そして和が世界一似合うLove-tuneと和のパフォーマンスの時の魅せ方が圧倒的にうますぎる安井はどの瞬間も全部いい顔してました。

 

魅力②帰ってきた俺たちのノイナ

みんな待ってたんだろ???ノイナのないアイランドはアイランドじゃねえよな?赤い衣装着て手をあげて歌うJr.たち。そうだ、このパフォーマンスがずっとずっと見たかったんだ!変わらないダンス、成長したJr.たち。なんてエモいの。最後みんなでわちゃわちゃするところもむちゃくちゃいいです。とくにらぶすのがむちゃくちゃ仲いいです。むちゃくちゃお客さんをあおります。あの男子校空間、素敵しかない。あと誰がこんな素敵な歌詞を書いたんだ。1人でもファンを増やしたい、そんな熱い思いを舞台にぶつけるJr.そのものの歌詞!「まだまだそれじゃ足りない、とても」自分にも、仲間にも、お客さんにも語りかけてるように歌う岸君!最高でした。

 

魅力③えびの機具を使って2020っぽいパフォーマンス

身体能力が高すぎる2組だからこそ出来るパフォーマンス。後ろののえるが漕ぐときめちゃくちゃ早く回る。まじで身体能力がえぐい・・・。ちなみにここに書いた理由はインフルになったあらんの代わりにでた真田がめちゃくちゃかわいかったから。あらんがインフルになった初日にはいったとき、全然ダンスも回転もできなくて斜め前の美勇人みながらダンスして、回転もJr.に助けてもらいながらまわってました(めっかわでした)。その4日後にもう1回はいったときもちろんジャニーズJr.の真田はうまくなってました。回転も1人でしてました。子犬とジャニーズJr.の成長は早いという横山裕さんの明言を体現しておりました(笑)

 

魅力④踊りまくる2幕冒頭3曲

東山さんが2日かけて考えたと言われる歌割。サイコ―でした!!!「遊び上手と噂された」のパートを田中樹さんに歌わせていただいて本当に本当にありがとうございました!あと北斗の「見てよダーリン飛んでよダーリンキャラメル色のおぼろ月」、こちら優勝です。このソロ優勝です。なんでこんなに色気たっぷりに歌えるんですか、教えてください・・・。とにかく歌割がそれぞれのキャラに納得でどれだけ東山さんがJr.のことを考えてくれたのか、一瞬でわかりました。あとはもはや踊るというより走るに近い「Zokkon命」本当にみんなかっこよくて腕まくりしながら歌うお兄ちゃんJr.最高だったんですが、こんなハードなダンス誰が考えたんやと思ったら案の定屋良だった(笑)これからも屋良には是非振り付けを続けて欲しい、必死な彼らが見れて一番好きなダンスでした。

 

魅力⑤本家超えたMonster

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが今まで見たすべてのパフォーマンスの中で一番よかったかもしれない。編曲がものすごくいい。音があるところで動くダンスも私はめちゃくちゃすきなので、さすがトラビス最高振り付けでした。世界観も最高だったし、なによりすのとらって多分だれしもが待望していた2組じゃないですか?ダンスが得意なんだけど得意なジャンルが違う2組。そんな2組がレベルがものすごい高いダンスを踊って歌う。絶対良いしかない。個人的にものすごく印象的だったのはしめちゃん。すごいのは絶対疲れた顔をしない、終始世界観に入り込んでいるところ。座って足をならすところがあるんですが、遠くを見ながら鋭い目つきで足を動かす姿に感動しました。ステージに立つ才能がものすごくある人なんだなと思いました。

 

魅力⑥おめでとう、自担がアンダルシア選抜に選ばれました

もはやこれを魅力にいれるのかという感じですがほんとに最初みたとき泣きそうになりました。「アンダルシア選抜」ってパワーワードすごくない?ダンスがうまい人しかなれないイメージだったんですが、私田中樹のダンスすごい大好きなんですよ。抜くところがすごいうまくて自分を知ってるダンスをするんです。そんな魅力をあの東山さんに認めてもらえた!っていうなぜか私が本人かってぐらい喜びました。ジャケットを加えて立ち上がる自担、むちゃくちゃかっこよかったです。なぜあんなにエロい仕草ができるのか私にもわかりません。

 

以上になるんですけど、とにかく過去最高のアイランドでした。ハピアイロスです。是非円盤を。デビューが決まったりとかとにかく色々ありましたが、自担のいろーんな顔がみれて本当に幸せでした。より一層好きになりました。やっぱりオタク最高でした。世界一幸せな1月でした!