俺が取るてっぺん

イケメンに弱い系女子。ハイカースト男子厨。

ハピアイとは出演者にストーリーのあるサーカスだった

この間サーカスを見る機会がありまして。そこで繰り広げられる様々なことに見覚えが・・・命綱のない手だけで自分を支えるフライング、みんなで揃えるドラムパフォーマンス、飛んだり跳ねたりするアクロバット・・・。

ん?これハピアイじゃないか???

そこでなんとなく納得したんですよね。今回結構お偉いさんとか家族連れみたいな人が多い席に座ることが多くてファンだけじゃない反応とかを見たときに純粋に

「すごーい!」って声や「うわあ・・・」っていう心から漏れた声みたいなのを皆さんが言ってて確かに今回のハピアイ、ファンじゃなくても息をのむパフォーマンスの連続だったと思うんですが、それはサーカス並のパフォーマンスを彼らがしていたからだと思いました。

普段ジャニーさんがよく言葉が伝わらなくても感動できるパフォーマンスをみせたいという発言をしていることを耳にしますがまさにその思いが全部詰まったものがこのアイランドシリーズ、ハピアイだったんだなと実感しました。

と、同時にすごくないですか???彼ら。別にもともと雑技団とかでもないし、そこだけを職業としてやってるわけではなく彼らはアイドルです。そんな彼らが素人目でみてもすごいと言わざるを得ないパフォーマンスの連続・・・。歌もダンスもパフォーマンスも全部全部彼らでやるんです。もちろん技1つ1つはサーカスをやってる人の方が技術も高いしもちろんミスなんてしません。けど私はハピアイでみた彼らのパフォーマンスが純粋に好きです。(ファンなんだから当たり前っていうのはあるけれど)

それはなんでかな、って思った時に彼らがここに到達するまでにどれだけ練習したのかを感じることができたり、フライングするときも一緒にする仲間との関係性を感じることができるからなんじゃないかなと思いました。

ガムシャラの時ドラムパフォーマンスがどれだけ大変だったかを映像でみたこともあるけれど、これを20人以上の大人数で揃える大変さ、もちろん全員がドラムが得意なわけじゃないけれど、そこに立ち続けるために一生懸命練習したであろうパフォーマンス。誰かが休んだ時にはもともと担当していなかった場所に突然参加し、そこで完璧にやり遂げる。誰かがミスしてもパフォーマンスを止めることなく全員で補う。

フライングも仲がいいって誰しもが知っている2人でフライングするので最初のじぐいわもお人形さんみたいで尊いしか言葉がでないし、多分「神宮寺~」って言いながら練習するじぐいわも目に浮かぶ。トラビスのフライングをするときも絶対とぶ瞬間しめちゃんと宮近目を合わしてにこって笑うんですよ。平野がフライングするときも機具を取り付けたあと背中をぽんぽんするとき絶対微笑みながら行って来いって顔を廉はするし、戻ってきたときに手を握る海ちゃんと平野は全開の笑顔。

そいういうJr.同士の関係性をもともと知っているからだとは思うけどほんとに1つ1つのパフォーマンスにストーリーがあるんですよ。ミスしたら変わりは沢山いる、少しでも自分たちのグループのパフォーマンスが良かったと思ってもらいたい、あそこの誰々がとかったよねと思ってほしいそういう野心みたいなのもみることができるのがJr.のパフォーマンスの良さだったりもするんですよね。

育っていってる姿を応援したい日本アイドルを好きな人は100%はまる魅力がつまりすぎているし、ジャニーズ興味ない人でも絶対に圧倒されるパフォーマンスのすごさも両方兼ね備えている完璧な舞台だったと思います。

 

ハピアイのパフォーマンスについては語りたりないので以下に書くんですけれど・・・

魅力①和のパフォーマンスと対決もの

全員色の違うはかまを着るキンプリとはいびーちゃん。とびながら太鼓をたたく姿の尊さ。緑の袴が信じられなくお似合いのゆうぴ(特定)。その後全ジャニオタが100%好きなパフォーマンス和の対決もの。青vs赤の衣装をまとったすのすとが本当に良い。語彙力失うぐらい良い。戦う和服に剣をもって笑顔のないパフォーマンスとこれ以上ない名曲を歌う最高のパフォーマンスでした。ついにきょもじぇとともにソロパートがあった北斗を観れたのはよかったし、渡辺がいわふかに負けない存在感をだしていたのもすごく印象的でした。そして和が世界一似合うLove-tuneと和のパフォーマンスの時の魅せ方が圧倒的にうますぎる安井はどの瞬間も全部いい顔してました。

 

魅力②帰ってきた俺たちのノイナ

みんな待ってたんだろ???ノイナのないアイランドはアイランドじゃねえよな?赤い衣装着て手をあげて歌うJr.たち。そうだ、このパフォーマンスがずっとずっと見たかったんだ!変わらないダンス、成長したJr.たち。なんてエモいの。最後みんなでわちゃわちゃするところもむちゃくちゃいいです。とくにらぶすのがむちゃくちゃ仲いいです。むちゃくちゃお客さんをあおります。あの男子校空間、素敵しかない。あと誰がこんな素敵な歌詞を書いたんだ。1人でもファンを増やしたい、そんな熱い思いを舞台にぶつけるJr.そのものの歌詞!「まだまだそれじゃ足りない、とても」自分にも、仲間にも、お客さんにも語りかけてるように歌う岸君!最高でした。

 

魅力③えびの機具を使って2020っぽいパフォーマンス

身体能力が高すぎる2組だからこそ出来るパフォーマンス。後ろののえるが漕ぐときめちゃくちゃ早く回る。まじで身体能力がえぐい・・・。ちなみにここに書いた理由はインフルになったあらんの代わりにでた真田がめちゃくちゃかわいかったから。あらんがインフルになった初日にはいったとき、全然ダンスも回転もできなくて斜め前の美勇人みながらダンスして、回転もJr.に助けてもらいながらまわってました(めっかわでした)。その4日後にもう1回はいったときもちろんジャニーズJr.の真田はうまくなってました。回転も1人でしてました。子犬とジャニーズJr.の成長は早いという横山裕さんの明言を体現しておりました(笑)

 

魅力④踊りまくる2幕冒頭3曲

東山さんが2日かけて考えたと言われる歌割。サイコ―でした!!!「遊び上手と噂された」のパートを田中樹さんに歌わせていただいて本当に本当にありがとうございました!あと北斗の「見てよダーリン飛んでよダーリンキャラメル色のおぼろ月」、こちら優勝です。このソロ優勝です。なんでこんなに色気たっぷりに歌えるんですか、教えてください・・・。とにかく歌割がそれぞれのキャラに納得でどれだけ東山さんがJr.のことを考えてくれたのか、一瞬でわかりました。あとはもはや踊るというより走るに近い「Zokkon命」本当にみんなかっこよくて腕まくりしながら歌うお兄ちゃんJr.最高だったんですが、こんなハードなダンス誰が考えたんやと思ったら案の定屋良だった(笑)これからも屋良には是非振り付けを続けて欲しい、必死な彼らが見れて一番好きなダンスでした。

 

魅力⑤本家超えたMonster

こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが今まで見たすべてのパフォーマンスの中で一番よかったかもしれない。編曲がものすごくいい。音があるところで動くダンスも私はめちゃくちゃすきなので、さすがトラビス最高振り付けでした。世界観も最高だったし、なによりすのとらって多分だれしもが待望していた2組じゃないですか?ダンスが得意なんだけど得意なジャンルが違う2組。そんな2組がレベルがものすごい高いダンスを踊って歌う。絶対良いしかない。個人的にものすごく印象的だったのはしめちゃん。すごいのは絶対疲れた顔をしない、終始世界観に入り込んでいるところ。座って足をならすところがあるんですが、遠くを見ながら鋭い目つきで足を動かす姿に感動しました。ステージに立つ才能がものすごくある人なんだなと思いました。

 

魅力⑥おめでとう、自担がアンダルシア選抜に選ばれました

もはやこれを魅力にいれるのかという感じですがほんとに最初みたとき泣きそうになりました。「アンダルシア選抜」ってパワーワードすごくない?ダンスがうまい人しかなれないイメージだったんですが、私田中樹のダンスすごい大好きなんですよ。抜くところがすごいうまくて自分を知ってるダンスをするんです。そんな魅力をあの東山さんに認めてもらえた!っていうなぜか私が本人かってぐらい喜びました。ジャケットを加えて立ち上がる自担、むちゃくちゃかっこよかったです。なぜあんなにエロい仕草ができるのか私にもわかりません。

 

以上になるんですけど、とにかく過去最高のアイランドでした。ハピアイロスです。是非円盤を。デビューが決まったりとかとにかく色々ありましたが、自担のいろーんな顔がみれて本当に幸せでした。より一層好きになりました。やっぱりオタク最高でした。世界一幸せな1月でした!

Jr.担、はじめて自担ではないGのデビューを経験する。

もう、デビューという形は消えたのではないか、2020までは事務所は動かないのではないか。色々なうわさがでていたJr.界隈。以前私も書いたけど確かにデビューしなくてもデビュー組に負けない仕事量を与えられてほんとに噂は事実なのかもしれないな・・・。そう思っていました。

しかし3月17日それは突然の出来事でした。

「King&Prince CDデビュー決定!!」

突然私のLINEニュースがこんな文字を映し出していました。え?????え????動揺がとまらない。え?デビューなんて形がまだ残ってたんですね???

 

すごい!!と、同時に私に押し寄せてきた感情は不安でした。なんてったって私3月17日のハピアイのチケットを持っていたのだから。なんてったって私が推しているグループはそのグループではないのだから。

いやもちろん、この数年様々なJr.の舞台をみてもうJr.全体が好きなのは実際そうで、でろでろにかわいい神宮寺がデビューできるのは、いつだって仲間がいるのに孤独を戦ってきたプリンスちゃんを思えば(プリンス推しです、すみません)めちゃくちゃうれしい出来事です。実際よかったね!!!!って思ったし。

けどJr.にいるからには全員「デビュー」を目指しているわけで、もちろんデビューできるのはほんの一握りなわけで。ずっと一緒にやってきた他の仲間の(しかも全員後輩)デビューを目の当たりにしたとき、SixTONESは、いやお兄ちゃんJr.達は何を思うのだろうか、そこに笑顔で存在し続けてくれるのだろうかと不安がどんどん大きくなりました。

思えば、デビューをしばらくしていないことに私自身が少し安心していたかもしれません。みんな同じ。どんなに推されているJr.でも立っているところはみんな同じ。だからみんなこのまま頑張り続けてくれる。みんなでわちゃわちゃしてるところが永遠にみられるんだと。でもこのデビューではみんなライバルなんだとなぜか私が緊張してしまいました。

 

で、いざ本番に向かったんですか、結論を先に言うとSixTONESという軍団は誰よりも心のきれいな人として出来上がってる集団でした。

最初踊り始めたとき、いつもよりも笑顔で、いつもよりも声をだして、いつもよりも仲間と目を合わせながら、そしてキンプリに何度も微笑みながら踊る彼らがいました。ああ、そうじゃん。だから好きになったんじゃん。おらおらしてて怖いけどでも誰よりも情がある。そういう彼らだから好きになったんじゃないか。なにより彼らはプロなのだから。今までだってどんな時もお客さんがいる前でそんな不安な表情を見せるタイプの人たちではなかったじゃないか。

「キンプリおめでとー!」アクロのときにそう叫んだ慎太郎に思わず涙が出ました。もちろん悔しい気持ちもあるだろうし、自分たちがデビューしたい。でも仲間もそう思っていることを誰よりも彼ら自身が理解し、努力した仲間を認め、仕事仲間だけでなく友達として付き合っている慎太郎だからこそ言える言葉。

最後の挨拶までキンプリに拍手をおくる6人をみてやっぱり私が好きになった人たちに間違いはなかったなと思いました。普通生きてて他人の幸せってなかなか自分のように喜べないものじゃん、一般人の私たちだって。なんなら自分の叶えたかった夢を違う仲間が叶えてるなんてちょっと嫌な気持ちになるじゃん。でも他人の幸せを素直に喜び表現できる人たちなんですよ。普通に人として私は尊敬してしまった。

 

と同時にかなえような、絶対6人でかなえようなって思いました。絶対人を魅了する力を誰よりももっているし、デビュー組に負けないぐらいの表現力とオーラと自己プロデュース力をもってる6人です。私がぐだぐだ言わなくてもきっと叶えられると思います。ずっとずっとみんなの前でパフォーマンスをし続けられるような環境をあげたい、なにより廉もいってたけど今後どうするか不安な気持ちを消してあげたい、「アイドル」という「職業」を永久に手に入れて欲しい(今もアイドルだけど)。そしてその夢をかなえるのはできれば6人でかなえて欲しい。絶対絶対応援し続けるからね、と笑顔で踊り続ける6人に私は心の中で何回も言ってました(お前が応援し続けなくてもきっと6人は頑張る)。

 

私は今まで自担がデビューにもれる瞬間に立ち会ったことは実はありませんでした。横山も正直8人は既定路線で8人がデビューできるかという不安はずっと抱えていましたが、その中に横山が漏れてしまうかもという不安を抱えたことはありませんでした(そしてしっかりデビューした)。雄也のときもどんどん推されメンになってきて気づいたらちゃっかりメンバーに選ばれデビューしました。濱ちゃんのときはまあ正直今まで経験したことないしんどい出来事だったけど無事数か月後にメンバーとして入りデビューすることが出来ました。なんだかんだいって自担はデビューしていたので不安になる感情を抱いたことが初めてだったので動揺しましたが、きっとこの流れだと樹だってデビューできるよね。何よりあの6人なら絶対できる、なぜか17日の公演をみて思いました。けど自担じゃないグループの決意表明を聞いている最中これが6人だったら・・・と思い涙をしてしまったのですが、ああ自分Jr.担だなってなぜかその時思いました。

きっと他Gのファンがいることを理解したうえで廉の「色々な意見もあると思いますが」という発言にもつながったんだろうな・・・。みんな本当に大人なんだ。

 

今回のデビューを通して感じたことはJr.は意外と殺伐としていなくて本当に男子高校生の部活みたいなものでみんな仲良くてみんなライバルででもみんな仲間なんだなということが感じられてこの環境に身をおいている自担がすごく誇らしいし、うらやましくなりました。

あと、グループ解体せずにデビューしたことが今のJr.担の生きる希望になったのでは(笑)これでSixTONESとしてデビューできる可能性が高くなったのでは!と個人的には思っています。あと「第一弾アーティスト」という言葉に引っかかっているJr.担も少なくないはず。第二弾!期待してます!

 

ちなみに今回入った中で1番テンションが低いなと思ったのが私のほんとに主観的な感想ですがゆうぴでした。私はHiHiなんてめちゃくちゃ将来あるしまだまだじゃん!なんて勝手に思ってましたが、ゆうぴももうすぐ大学生だし、なによりこの職業を楽しいと思っているからこそデビュー1日もはやくしたいって思ってるんだなと思いました。らじらーの言葉を選びながら喋ってる感じもすごく悔しい気持ちもにじみ出てて逆にゆうぴを好きになりました。たぶんゆうぴは悔しいって思いながらもそれをばねにして辞めるんじゃなくて頑張るタイプの人間なんじゃないかなと個人的には思ったので。

 

誰1人気を抜いていない、みんなアイドルという職業に誇りをもちながら毎日必死に頑張ってるんだ、Jr.は。ほんとにみんな!全員に幸せになってほしい!ばばあは切に思いました。

 

色々書きましたが、我が軍絶対デビューしような!

f:id:majotoyou:20180121182333j:image

「少年たち」ってなんだったんでしたっけ

「少年たち」見終わったら感想書こう~♪なんて思っていたら気が付いたらそもそも「少年たち」の大千穐楽を迎えてはや1か月が来てしまいそうです。

一旦見終わった感想を忘れないようにしたためておきます・・・!

まず一番最初にくる感想としては、

意外と重くなかった。

前評判では去年よりも重くなっているなんて聞いていたのでいや、どんだけ重いお話なんだよ!?と思いながら見に行くと思った5倍は慎太郎がふざけてた(白目

 

基本のストーリーは昨年と変更もなく、役どころも変更なし。ジェシーが死んじゃうのも変更なし。深北の兄弟設定も変更なし。しいていうと確かに戦争色は濃くなっている。まさかゆごじゅりが学芸員になるだなんて(これマジな感想)。

最後の照が言う、「戦争がなかった日など一日もない!」ってあれ?このセリフついこの間帝劇で神宮寺が言っていたような・・・???と思ったりもしたけど(ってかもはやこのセリフ毎年恒例な気もする)。ジャニアイは伝えたいメッセージが戦争だけじゃなくて舞台に立つことのプレッシャーとか色々あるので少年たちはメッセージが1つな分お話としてはすごくシンプルでわかりやすかったと思います。少年たちに関しては年々お話はシンプルになってる。

もう、しんたろと舘様の寸劇の部分のみ心の休まりみたいなところを思ってみたたのですが、今回の少年たち何を隠そう、

歌がいい!もう一回言う、歌がいい!!!(大声)

SHOWTIMEの「VI Guys Snowman」と「JAPONICA STYLE」がいいっていうのはもはや置いといて、これ語り始めたら1日終了するレベルだしみんなこれをメインに思っていることは気づいている。

だが、今回外せない劇中歌がものすごくよい。仲間と一緒に歌いたい京本に一緒に歌うSixTONESほほえましいことこのうえない。ほんでめちゃくちゃ歌がいい。

「Beautiful Life」っていうんですけど。来月の少年倶楽部で歌いますんで絶対聞いてください(強制)。結構インパクト強めな歌が続いてたSixTONESにこういう曲も似合うのよ~ってぐらいさわやかでかわいくてそれでいて耳に残る。最&高。

そして外せないんですけどSnowmanの「Vanising Over」がとても良い。初めて聞いたとき私は衝撃をうけた。まさか最後にVI Guysが待ってるとは思わなかった初見の私はまたスノさわやかなダンス曲するならこんな名曲をオリ曲としてがつがつうたってほしいよ!(これまでのオリ曲に失礼)って思った。まじ、VI Guysに負けないぐらい名曲で結構重めの曲。スノはこれ歌うタイミングは世の中に対しての怒りとかをぶちまける場面で歌ったりもするのでこういう重めの曲が似合うんだ~~~~。是非次回の少年収でこの曲を歌うレポを心待ちにしたい次第です。

 

ちなみに、「少年たち LIVE」にもいったんですが、おい最高なのかよ。好きな場面を集めただけのライブでした。rivalや闇を突き抜けて、ほっこりのダンスや銃パフォーマンスはそのままで満足度はんぱない。SHOWTIMEの曲ももちろん聞けるほかAmaizing!!!!!!なども聞けるのでよさしかありません。MCも多くて地方もまわって修学旅行気分の彼ら自体がほっこり。楽しそうでなにより~~~というばばあ目線。実際に「しおり」が配られたみたいで楽しそう~混ぜて~という気持ちでした。なんだかんだ言って、来年もみたいな~と思います。ほんとにこの組み合わせが好きなので。

 

で、ここから私が書きたいのは昨年から少し感じていたのですがもはやこの舞台は「少年たち」なのか!?!?!ということです。

みんなよかった~みたいな感想が多くていいだしづらかったんですが私は「脱獄」しない少年たちはもはや少年たちではないと感じています・・・。東西で争ってたチームが怖い看守と闘いながら脱獄を通して友情を深め、そして友人の死にこれからの人生を強く生きると誓う・・・。そんなお話が少年たちではなかったのか。rivalを歌った二人は独房に連れて行かれたライバルを救いにいくことで仲直りをするはずではなかったのか・・・。いやもちろん題材が変わっているのでしょうがないとは思うものの看守から逃げ惑う彼らが見たかった(どんな性癖)。

あと個人的に思ってることなのですが看守長やっぱ現実にほしいよね?私ほんとに懐古厨で申し訳ないんだけど濱ちゃんや文ちゃんが看守長をしてものすごく注目されたようにものすごくチャンスのある役なんだ、あれ。今後の仕事にも結び付くかもしれないものすごく演技力が必要な役なんだ。それを今のJr.にも演じて欲しいし濱ちゃんをみたときにも感じた「怖い・・・」って感情を与えるぐらいの演技力をJr.に見せて欲しい。もし来年もあるならば、やっぱり看守長はほしい・・・。そして脱獄してほしい。

あと何でここに来たのかっていう説明ももうちょっと欲しかった。やっぱり少年院に来てる以上みんな過去になにかがあったはずなのにあっさりからっと外にでていくのもなんか違う、って思うし(毎年なべしょがさらっと俺は人を殺めた!っていうのがいつもひっかかるし毎年慣れずにびっくりする)。妹の手術代や弟を守るためとかわりとふざけたマツタケ泥棒とか色々あるけどあの過去を語る場面ってそれぞれのメンバーにスポットが当たる部分だからみんなが主役って感じになれると思ってたんだよね・・・。過去の話をすることで絶対ファンの満足度も変わると思うのだが・・・とこの少年たちでは思ってる。スノスト初年度の阿部ちゃんの学生運動のリーダーみたいなああ・・・想像できる!みたいな1人1人の細かい設定があるとオタクは喜ぶし物語も結構深みが出ると思ってる。

あと最後にこれだけは言いたいのがrivalを歌う人(つまり役柄)が毎年同じは違うと思う!笑ん~これも懐古厨で申し訳ないけどrival歌う人ってそのグループのなかでもっとも勢いがあって歌もうまい人で「桐山×神山」「桐山×小瀧」「桐山×橋本」(ってか全部桐山が歌ってるやんけ)みたいな今年は誰が歌うんだろ!?!?みたいなドキドキがあったと思うんだよね。まあスノストは照ジェシがそれだけ何年もTOPで居続けているあかしなのかもしれないけどお、今年はこいつにこの役やらせたか~みたいなのも欲しくない?

 

以上が少年たちの感想なんですけど最後は私の少年たちへの思いが重すぎて意見みたいになってしまった・・・。こういいつつも来年も少年たちしてほしいし、もっとパワーアップしたスノストが見たいと思います。そしていろいろ言いましたが毎年素晴らしいオリ曲をSixTONESに与えてくださってありがとうございます!!!!!!(スライディング土下座)

ジャニーズWESTにはドルオタが好きになる要素の全てがつまっている

しばらくでした。もちろん少年たちをみてもう色々感想書きたいところなんですがあと1回、そしてLIVEもあるので一旦そこまで感想はおいといて。

今日は何が書きたいかっていうとジャニーズWESTは絶対ジャニオタ、ひいてはドルオタがはまる要素が全てそろっているグループです!ってことです。(突然何って感じですみません。)

 

なんでこれ書こうって思ったかっていうと最近WESTは関ジャニの二番煎じって言われることも多くて、関ジャニの仕事もどんどんWESTに下りていってて結構いろんな人にいろんな事いわれるようになってきたなあ・・・と感じるところがあったからです。

 

では、ここからジャニーズWESTが全オタクに愛される理由について書きます。

1.引くぐらい仲がいい

これ、鉄板です。事務所担なんでいろんなグループ見てきましたがここまでプライベートでも仲がいいグループはきっと史上初です。雑誌やMC、ラジオで語られる彼らのエピソードはプライベートのことがほとんど。釣りに行ったとかBBQ行ったとかご飯食べに行ったとか・・・。毎回誕生日になると本人以外のLINEグループが出来たり、濱ちゃんは作った動画をWESTのグループLINEにひたすらあげたり・・・。財布忘れた淳太君はたまたま近くにいた流星呼んだり(どんな状況やねん)もちろん楽屋ネタも豊富でどのコンビでも仲がいい。オタク大好きBL風に相思相愛のはまこた、地元の友達感満載のツイン、もはや言葉がなくても通じ合うことをお互いに宣言しているばど(串カツ事件はもはや伝説)など本当にコンビエピソードが豊富。仲がいいって言われてるアイドルって他にもいるけど、ダントツに仲がいいと思う。昔はみんなでよく遊んだよな・・・なんてエピソードは他のグループでもよく語られるけど彼らは時が経てばたつほどどんどん仲良くなる。ゆとり世代加減がうまいこときいて最近は上下関係もなくなった(笑)ここまで仲がいいWESTを一言で表すと「むちゃくちゃ仲いいメンバーで集まった修学旅行のグループ」。

 

2.常に笑顔で周りへの配慮が仏

これ、意外とむずいんですよ。アイドルっていつも笑顔でいるのが当たり前じゃん?でもやっぱ彼らも人間だし、結構とがってる人も多い事務所だからいろんな大人とぶつかる。そしてそのタイミングは確実にファンの前でも顔に出る(笑)私は関ジャニオタなのでデビュー当時からずーっと彼らをみていたわけですが本人も言うように関西だとか大阪だとかの歌を歌っている時代の彼らは本当に不機嫌。なんで俺らこんなんやってんねん、って顔に書いてたし違う曲も歌わせろ!って周りに結構圧強めで言ってたご様子。もちろん悪いことじゃなくて自分たちのビジョンみたいなものを明確にもってることはいいことだし、だからこそ今の彼らがあるわけですがその時、その瞬間の彼らをみてファンは気持ちいいわけがない。それに引き替えWEST。現在のWESTもシングル曲にはほとんど関西や大阪の文字が並びきっとあの時の関ジャニのような気持ちになっているのかもしれない。なんならファンが少しなっている(笑)でも彼らはそんな顔一切見せないんですよ。常に「新しい曲もらえて幸せ」「この部分がすごくいいからみんな聞いて!」「この部分はみんな一緒にやってほしい!」など発言がびっくりするほど前向き。DVDの裏でも「ほんまにスタッフさんがよくしてくれて・・・」などの発言を欠かさない。こんなに周りの人を大切にし、そしてそれをちゃんと言葉にし、今置かれている状況をこんなに楽しんでいるグループを見たことがあるだろうか(そして割とデビュー当時からいままでずーっとこのスタンスなのがすごい)。応援しているこちらの心も浄化してくれるような清い心をお持ちになっている7人なのです。

 

3.曲のバラエティの多さがえげつない

もちろんシングルでは前述の通り関西や大阪色の強い歌を歌う彼ら。しかしカップリングやアルバムを聞くとおったまげです。ジャニーズらしい曲(P&P、Summer Dreamer他)をはじめとして思いっきり重ための失恋バラード(SCARS、きみへのメロディー)、パリピも驚きのガンガンのEDM曲やダンス曲(狂愛三部作、Terrible、I got the FLOW他)、仲間の絆を歌う号泣必須曲(KIZUNA、Colorful Magic他)、ファンへの曲(All My Love、「ありがとう」じゃ足りない他)、間違いない盛り上がり曲(粉もん、パラパラ曲他)など本当にあげればきりないほど曲のバラエティが多いんです。語りきれないのでとりあえず聞いて。どんなタイプの曲が好きな人でも絶対はまる曲がある。特になんだかこてこてのコミックソングを歌うイメージの強い彼らは意外と歌もみんなうまくて(こいつはちょっと・・・みたいな人がまじでいない)、ダンスも結構揃う。ガツガツ踊る曲も結構多いんですよ。後輩ちゃんも真似したい「ザ・かっこいい曲」がファンになってみると多いことに気づくすごさ。そしてかっこいい曲に偏りがちなのではなくて意外とバラードやコミックソングも好き好んで歌うところが彼らの一番の良さなんです。かっこいい曲ももっとあればなあなんて思うこともあるけどどんなにかっこいい曲でも笑っちゃうわがセンターはアゲアゲソング歌ってる時が一番輝いているので今の状況は結局彼らの魅力を一番引き出す歌をファン以外の前でも歌ってるのかなあと思います。あとどうしても言わせてほしいのが

”奇跡起こして
この一瞬に僕らはいつでも信じてた
だからつらくても もう一度立ち上がれ”(KIZUNA)

この歌詞をここまで説得力もって歌える人たちがいただろうか。いやいない。本当につらくても本当に立ち上がって奇跡を起こした人たちだからこそ沢山の人の心に届く歌が歌えるのも彼らの大きな魅力です。

 

4.「7人」であることに「7人」がこだわっていることがファンにも届いている

何より結成までの過程で4人から7人に変わったことがくしくもすべての人に7人であることの大事さと7人がそれぞれのメンバーを絶対に必要としていたのだというどのグループにもいままでなかった目に見える絆をみることができました。7人にしたくて動いた4人、7人でいたくて諦めなかった3人。全員の思いが同じだったからこそ今があることをファンとメンバーすべての人が共有できている。これまでのグループは事務所が決められたメンバーで結成しているけどこのグループは7人が7人でいることを選んでできているグループなんです。「仲がいい」だけじゃ語りきれない、この世界で生きていくために「7人」であることが必要としているこんなに結びつきの強いグループなのだと知ったらもうあなたはきっとジャニーズWESTのことが気になってしょうがないはず。

 

5.何より本人めっちゃ幸せそう。

結局これ。とどのつまりこれ。アイドル応援するときになんか不機嫌だったりフラストレーションたまってそうな人応援するのって正直ファンもめっちゃ体力いるじゃん?なんで今日●●くん不機嫌なんだろう・・・もしかして・・・なんて彼らを応援したら絶対思わないです、これまじ。もちろん前述したとおり7人の努力でデビューを勝ち取ったんです。Jr.期間も全員結構長かったし、今の状況が幸せで嬉しくってしょうがないんです。絶対必要だった大事なメンバーとさらにデビューまでできている。もう新しい仕事が決まる度、っていうかどの仕事も全部まじで幸せそう。いつも笑っているし、応援してて「よかったね~」「いいこたち~」「ほんと仲いいなあ~♡」などでろでろに甘やかす幸せでとにかくハッピーな毎日が訪れることを私が約束します。結構応援してて不安な瞬間や思い悩む瞬間は彼らを応援しているうえでは本当にないです。あんまりファンのことを語らないグループも多いけど積極的にファンの名前も速攻つけてファンサの量もJr.かってぐらいします。ファンのことを「おいていかない、迎えに行く」といった彼らはもう名言です。

 

 

以上をまとめますと、引くぐらい仲良くてわちゃわちゃしてて(平均年齢なかなか高くなってきた今も)、神曲多くて、本当にいい子たちで、そして誰よりも幸せで、ファンのことを本当に思っている。どうですか?こんなアイドルいたらいいなをすべて叶えたのアイドルが「ジャニーズWEST」っていうんです!みなさん、是非チェックしてみてください!チェックしちゃったらもう逃げられないと思います!

ただのジャニーズWESTプロモーションですみませんでした!!!!!!

何年たっても何十年たっても変わらないでね、ジャニーズWEST

f:id:majotoyou:20170921010404j:image

 

 

最終的には志向が寄ってくる三馬鹿のおじさんたち

先日関ジャニ名古屋いきまして。今回は1回しかはいれないのでしっかり目に焼き付けてきました。

いつも3回ぐらい入るのがデフォになっているので1回目は横山、2回目は全員、3回目は横山みたいな感じですが、そうもいってられないので横山ばっかり見てました(結局)1回しか入れないってわかってるとすっごい現場に集中するので改めてこんな現場へのピュアな思い忘れてたなって思ったんですがそんなことはおいといて。

 

表題の件なんですけど、私三馬鹿オタクの夫婦推しの横山担でして(なんだよそれ)。とにかくいつの時代もどんな場所でもお兄ちゃんズをこよなく愛しているわけですが、この記事を書きたい!ってなった背景には今回のパンフレットが起因です。

みなさん、今回のパンフレット読みました?私どの現場に入ってもパンフレットだけは絶対買う自他共に認めるパンフオタです。普段のドル誌などでは語られない本音とか今リアルに感じてることや考えてることみたいなものを言ってくれやすいと思うんですよね、パンフって。そして今回、結構みんな「関ジャニ∞」が周りからどう思われているのか、自分が「関ジャニ∞」をどう思っているのかというのをしっかり語ってくれている内容です。

一通り読んだ感想としてはいろんなことを経験し1周回って三馬鹿が同じことを言っている。(つまり同じことを考えている)

まあ基本的にはMETROCKに出たことを中心に語られるので、「音楽」というものをすごく大事にしている7人のお話を見ることが出来ます。とくに年下組はすっごく今の立ち位置を大事にしていてここまで来れた状況、音楽で認められ始めている状況をすごく喜んでいるのが伝わる。まあ音楽をすっごく大好きで練習とかも人一倍している4人だから、この関ジャニ∞の現状はすごくうれしいんだろうな、と私もうれしいです。もちろんそこを喜んでいるのは三馬鹿も一緒で。でも三馬鹿は言っているんです。

「音楽だけでやろうとは思っていない。」

ソロ始めてからすばるは頻繁に口にしていましたが「自分達はアイドルです」って言う意識をすごく三馬鹿はもっているんですよね。もちろん歌を出す以上プロとして中途半端なものを出すつもりはないっていう気迫みたいなものや上にのし上がってやろうっていう想いは誰よりももっていて。でもいろんなところで活躍する彼らだからこそ、音楽だけじゃなくて演技もバラエティも全部こなしてこそアイドルだし、全部100%を出すしそこだけには執着しないっていう想いもすごく伝わるパンフだった。

デビュー前から応援していた私としては47やる前ぐらいかな、そのころは結構バラバラというかおのおのすごくやりたいことがあった気がして。音楽を突き詰めたいすばる、俳優として認められてきた亮ちゃん、俺らはバラエティやしっておもってた夫婦、存在感だしたいって焦ってた山田、グループの活動を大切にしたい大倉。自分のやりたいことのためならソロもいとわない感じがすごくしていい意味でみんなすごくギラギラはしてたけど空中分解みたいなこともしかねないなっていう空気はあった。特にそのころは面白い感じの曲しかやらせてもらえない関ジャニに対してすごくすばると亮ちゃんのフラストレーションがたまってるっていうのが目に見えてすごく不安になった。(これ今のジャニストにも若干思うことあるけど)

けどズッコケ男道で知名度あげて、地道に続けてきたバンドも披露する場が増えて徐々に個人の知名度も上がってきてどうしたら「関ジャニ∞」というグループがどうしたらいい方向に向かうのかというのを考え始めてグループにいながらにしてやりたいことが出来る環境がそろってきてメンバーがまとまってきたなあって僭越ながら感じてました。でもソロ活動が決まってその中でちょっと気持ち的に不安定な感じの時期再来みたいなものすばるに来た感じがしてまた不安を感じてました。やっぱりすばるは「音楽」をやりたいのであって、夢を売る職業で笑顔でいなければならないアイドルをやめたいって思ってるんじゃないかって思いました。けどすばる自身が「アイドル」であることを明言したことによってすごく関ジャニの士気が上がったし、みんなの活動の幅も広がったような気がしました。

最初は「音楽」しか「バラエティ」しか俺らには向いてないそこで頑張るしかないって思ってた三馬鹿が自分達は「アイドル」という存在であることを強く意識して舞台に立っているんだなっていうのをパンフで感じたし最初はただ売れたくて、前にでたくて同じ方向向いてた三馬鹿が自分に向いていることを中心に考えて全然違う方向むいてて、でも今は3人とも同じ方向むいてアイドルというものを一生懸命全うしようとする姿がすごくかっこいいなって感じました。

今回三馬鹿の歌があって、3人のJr.の画像が次々流れて、

「プラスしかしらなかった 知ってしまったマイナス美学」

という歌詞がすごく3人にぴったりでそれを時々目を合わせながら歌う3人がすごく愛しくてかっこよくて戦友みたいで知らず知らずのうちに号泣してました。

 

最近は私にとって関ジャニはすごく遠い存在で、もう売れてしまって神的な存在になってて(笑)もう最近Jr.のついでみたいな応援の仕方になっていたけれど改めて三馬鹿をみて、ああ私この人たちが一緒に夢をかなえてかっこよくなって歳をとる姿をみたかったからずっとずっとオタク辞めずに応援してきたんだって思いました。タレントと一緒に歳をとるってこういうことか、、、って三馬鹿が教えてくれました。これからもずっと応援し続けるしもっともっと夢をかなえてでっかくなっていく姿をみたいって心から思いました。もちろん自分も成長しなくては!って思わせる演出、ひいては生き方なんですよ、三馬鹿って。エモい。

f:id:majotoyou:20170813182437j:image

 

 

余談ですが、今回アリーナで通路っていう奇跡みたいな席あてたんですが、やっぱりフェスを経験してる彼らはうちわおいて手あげて応援してくれよ!っていうのを前半推奨しているんですが、まったくアリーナだと彼らが見えない。もちろん彼らの音楽をききにきているんだけれども私たちは音楽だけじゃなくてあなたたちもみにきているからそこは肩よりしたでペンライト振って~そう推奨して~って思いました。あまりにもMETROCKでみた景色が壮観だったのだろうとは思いますが、場所も人も違うんだぞっていうのはちょっと思いましたね。個人的感想なんで流していただければ幸いですが。

でもしっかりトロッコで横山がきてファンサもらってそんな思いは全てチャラになったっていうオチつきです。結局横山はいつも期待に応えてくれるファンサしてくれるんだよな・・・これだからオタやめられないぜ。よくできてるよ。これで明日も元気に過ごせます。ありがとう、横山裕!ありがとう、関ジャニ∞!ありがとう、ジャニーズ!ありがとう、アイドル!

「デビュー」は必ずしなくてはならないものなのか。

ということをふと思いました。きっかけはこれ。

 f:id:majotoyou:20170729213129p:image

 

これみた瞬間うわ!事務所Love-tuneに本気出してきた!売り出してきた!HiBに夢中になってるのかと思ったごめん!って思った。しかもその本気度は会場で伝わった。なんせZeppでやるんですよ。この事務所で異例じゃないですか?しかもJr.で。最初このコンサート決定の文字見たときにああ、クリエでやるの?EXでやるの?新橋でやるの?なんて思いましたがスクロールしてびっくり。

◇東京/Zepp DiverCity

ええええ???ぜっぷ????事務所本気度120%!!!!!!!って思ってました。

が、時間がたってふと思いました。これここまで売り出して仕事もしてるんだからいいでしょ?デビューしなくても?十分すげえ仕事できちゃうでしょ?Jr.でも?っていう裏の事務所のメッセージが含まれているのではないかと思ってしまったんですよ。もう人間不信ばりの勘繰り方ですみません。

ああ、もしそうだったらどうしよう。やっぱり社長のしばらくデビューさせない発言はそれなりの信念もっていっちゃってるかもだしほんとにしばらく誰もデビュー出来なかったらどうすんの?とか思いましたけどこれまたふと思いました。

 

もし後者だったとして「デビュー」をしなければならないのか????

 

オタクをやらせていただいてるこちらの身としては推しのメンバーやグループがコンサート開いたり、テレビにでたり、雑誌にでたりする機会がより多くなってほしいという思いで応援しています。その多くなる一番の方法がデビューだと思うからデビューしてほしいって思うわけです。でも現状はどうでしょうか。今年に入りラブだけで考えてみるとジャニアイにはじまり、クリエ単独、EX単独、ジャニアイ夏、そして今回のZepp。ん???これは脅威の現場率。デビューしててもこんなにコンサートは開催できない。しかもすごい至近距離で彼らを見ることが出来る。テレビも少クラにでつつ真夜プリにも隔週登場し、主演ドラマを持っていたあらんちゃんを筆頭に月9に出演してキスシーンまで演じた長妻、主演映画が公開される安井、みんなしたいって思ってるモデル活動が始まった美勇人。あげればきりがないほどデビュー組だってしたいと思ってもなかなかできないような活動ができているんです。

デビューをしなくても実際に会うことが出来る機会もテレビで見る機会も雑誌で見る機会もある彼らをみているとデビューってそんなに大事なものですか?と思えてきた。

 

1点、デビューしないことで不安なのはいつ彼らがいなくなってしまうのかわからないこと。そもそもこの事務所はJr.に関してはいつ辞めても構わないし、そして退所の事実はファンには伝わらないひっそりとした出来事になります。それが怖くてファンは「デビュー」をしてほしいというのもあると思います。

彼らの先輩たちもデビューしてからすべてが始まるみたいな言い方をするし、ファンもやデビューしてなんぼみたいな空気があるしなによりも本人たちがそれを感じとってデビューしなければと焦っている。

もちろんなにかに向かって頑張る姿はすごくかっこいいし目標があることは重要だと思うのですが、「デビューしなきゃはじまらない」と本人たちに思わせているのはファンや周りの空気が一番大きいのかなと思います。もちろん未来のためにデビューしたいって思ってるんだと思うけど。

でもデビューしなくても彼らはいち社会人として「仕事」をしている人だ、既に彼らは「アイドル」という職業についている「社会人」なのだという意識を持ってもらえればJr.をやーめたなんてことはあんまり起きないのかもしれないって思ったんですよね・・・。(この自覚がスキャンダルの減少にもつながるのでは・・・?なんて思ったりもする)まだJr.は訓練生っていう認識がいまの社会としてあるし、本人たちもまだデビュー前の訓練生という意識があるように思える場面があったりするのでいやもうあなたたちは十分仕事をしているれっきとしたアイドルなんだぞ!!!!アイドルという職業についている社会人なんだぞ!って思ってもらいたいしそんな空気がみんなからでればなあ・・・と思います。(あくまで個人的意見です)

まあデビューしないと彼らの歌声をCDで聞くことができないことやアルバムがでないことを考えるとやっぱりデビューも大事だなあとはもちろん思いますけどね・・・。

 

結論まとまらない感じになっちゃいましたが、基本スタンスはめちゃくちゃJr.を応援しているのでみんな報われてほしいし、いっぱい仕事がきてほしいし、アイドルをずーっとやっててほしいなって思います。以上。

コメンタリーから垣間見える関ジャニ∞という会社

このブログ見てたら私の一押しグループが関ジャニ∞であることはさっぱり忘れそうになりますが、関ジャニ∞が一番好きです。そして今更かよで申し訳ないですが、BD特典のコメンタリー見ました。

 

最後まで見た感想は、そこには会社があった(超社会人的目線)。

関ジャニ∞って「仲がいい」で売ってることは間違いないけどそこにはたまに垣間見える縦社会感が強いグループだってことは前々から勘づいてました。しかしコメンタリーで確信しました。まじこのグループ、7人が所属している「㈱関ジャニ∞」です。

 

①3馬鹿の管理職感

食べ物頼んだり、食べ物が来たりしたときに顕著にでますが基本3馬鹿は動きません。こたつに入って目の前に食べ物が出てくるのをじっとまってます。食べたいものは積極的に言葉に出しますが、自らは動きません。でも最初飲み物を配るときいるよね~気使いの上司!っていうのが横山さんです。みんなに「何飲みたい~?」ってきいて率先して動くときは動きます(若手が食事の準備してくれてるのに気を使ってのこと)。しかもその動きを察知して中継してみんなに配る大倉もああ、上下関係・・・っていうのを感じさせますね。コーヒーの時もしかり(そしてすぐにありがとう~という安田の出来っぷり)。で、この並びは今に始まったことじゃないけど一番端と一番真ん中にいるところも3馬鹿を中心としてメンバーが存在することを感じさせます。

 

②ヤンマーの中間管理職感

食べたいものは後輩に指示しますが(ex.パスタ食べた~い)、仕事がこなれてきた中間管理職は気もものすごい使えます。ごみが出てきた際の「ごみもらう!」の亮ちゃんやお皿が空いたときのスタッフさんに渡すところとか尋常じゃないぐらい気づいてからの行動が早い。こういうすごい気が使える先輩がいると後輩はやばい~って焦っちゃうんだよね・・・。まさにその完璧な先輩の動きをしてた。で意外と圧倒的に敬語がおおいのが亮ちゃん。3馬鹿には徹底的にふと喋るときは敬語なんです。

 

③丸ちゃん・大倉の新人感

丸ちゃんに関してはお前相当先輩やないかいって感じですが、彼は永遠の新人のオーラを持ってる。2人はご飯も積極的に頼んで、片づけとかも積極的に動く。(でも実はごはんが着いた瞬間は丸ちゃんは3馬鹿と一緒に座っててここで突然丸ちゃんが結構先輩だったことを感じさせる)

f:id:majotoyou:20170727005301j:image

あと映像見ながらいじるのも丸ちゃんが多めなところが入社してすぐの若手をいじる先輩だった。コメンタリーもずーっと2人で喋ってる感じとかももはや大学卒業して学生気分が抜け切れてない新入社員だった。(でも実際はこの2人がずーっと喋ってくれてることによって救われた感100%のコメンタリーである)私の中で一番以外だったのはこの曲かっこいいなっていった亮ちゃんに対して

「なんかスピード感がありますよね」

って言った大倉の一言。最近クロニクルとかみてるとみんな仲良くてため口でたまに上下関係ないんかな?(とくに年下組はみんな足並み一緒なんかな?って思わせるところあった)って思わせるけど大倉→亮ちゃんが敬語でナチュラルに喋ってたところ。ああ、結構クロニクルって演出なんかな~って思った瞬間だった。(実際はもっと関ジャニって敬語がはびこってる会社なのでは?って感じた)

 

以上が㈱関ジャニ∞の上下関係の感想になるんですが、コメンタリーの見どころはこの上下関係だけじゃないです。

見どころ1.音楽に対しての知識と情熱の高さ

こいつらが音楽好きなのなんてこれ観る前からわかっとるわいって感じですが、これを見て気づくことは彼らが音楽のプロであったこと。どの曲でもこのドラムは~、このベースは~、このギターは~って話をするんです。曲のことだけじゃなくて「音」のことも1個1個気にして音楽を聴いていることを感じさせるし、どうやって弾いてるのかとかもところどころ喋ってくれてます(即興で演奏したなんてことや何回練習してもできんかた等)。ハダカのときにはすばるが音への知識をもって音楽づくりをしてたことに気づかされるし、それを質問してるメンバーの知識があることも驚いた。余談だけど今となっては気づく、メトロックのことを頭に置きながらライブを見てたすばるに突然仕事の顔を見せられてときめきました。

 

見どころ2.食すおじさんをひたすら見学可能

お金を払って一生懸命ごはんを食べるおじさんたちをみることが出来ます。しばらくごはんに夢中で喋らないし、喋ったかと思えばごはんの話ばっかりで映像のことについては一切触れません。ひたすら目の前の「ごはん」に一生懸命なアラサ―のおじさんたちをみることが出来ます。途中ラーメン食べながら食い入るように映像みるすばるは一人暮らしで家でご飯を一人で食べる少年の姿です。そしてごはんが来たけど何も食べない安×村上に対し、むちゃくちゃ食べるその他勢。気を使って体系維持する安村上と食べても太らない気まずい、そして食べてそのまま太る横山丸山大倉をわかりやすく鑑賞することができます。(横山さんはストイック期なのであまり手をつけませんが)

f:id:majotoyou:20170727005333j:image

※ちなみにこのコメンタリーで一番笑うところは食べ終わったあとの大倉が発する「このコメンタリーなにがおもろいん?」です。

 

見どころ3.彼らも普通の人間であることを教えてくれる

そもそも彼らの見た目。下にライブという完全体の彼らの姿があるからこそ見ている彼らの姿が「普通の人間」であることを教えてくれる。そこまで気張ってない服をきて、みんなうっすらひげが生えてる人もいて、喋ってる人もいれば喋らない人もいて、普段はうるさいお兄ちゃん7人をやってるはずなのに実はあんまり喋らない人もいたりする(とくに夫婦)ところがああ、私生活まで完璧な人達ではないんだなってことを教えてくれて私たちの日々の生活を頑張ろうと思わせてくれる(笑)私の毎日にも実はこんな人たちがいるんじゃないか・・・?的な(いないけど)。敬語がところどころでてきちゃったりする彼らの「素」な部分が限りなく出てた映像だったのでああ、彼らってこんな感じなんだってことを一番知れたことがこのコメンタリーの見る意味だったのかも(アイドルに完璧を求める人は見ない方がいいかも)

 

あと実は歌うはずだった曲とか聞けたり、それがどんな流れで消えたのか、特に大倉から亮ちゃんに変更したことをメールしたって話はオタク心くすぐるエピソードだったし、その流れを「死にそうな流れだった」「ふりおこしめっちゃ頑張ってした」などオタクがそういうこと聞きたいよ~って思ってたこと語ってたのもよかったです。

 

ってわけでぐだぐだ書きましたが我らが関ジャニ∞さんしかできないコメンタリーであったことは間違いないので是非本編だけでなくコメンタリーも見て頂ければと思います。アイドルファンやってる人には1回みてほしい、秀逸なVTRになってます。(あと関ジャニが後半にならないとエンジン上がらない人たちであることも感じることが出来ます)